環境総合研究機構 | ダイオキシン、アスベスト、検査 | 静岡県浜松市

お問い合わせ
〒431-2102
静岡県浜松市北区都田町9165-2

TEL 053-428-9100 FAX 053-428-9101
同業者様へのご案内
調査の流れ
お問い合わせ
新着情報
2015.12.26 商号を「ユーロフィン環境総合研究機構株式会社」に変更いたしました。
ヨーロッパを中心とする世界的検査施設群を有するユーロフィングループの一員として活動を行っています。
2015.05.12
国土交通省が進める「建築物石綿含有建材調査者制度」の修了者情報が更新されました。当社でも2名の修了者が在籍しています。
2014.12.11 ダイオキシン類分析の信頼性を確保するMLAP(計量法特定認定事業者制度)に基づく資格を更新しました。
2013.11.04 アスベスト分析の国内規格では全国初となるISO/IEC 17025の認定を取得しました。
2012.12.12 PCB廃棄物の処理期限が、平成39年3月31日に延長されました。
2012.10.02 放射能測定で、ISO/IEC17025:2005の認定を取得しました(認定番号:RTL03590)。
2011.08.11 放射能濃度分析、空間線量測定を開始しました。
アスベスト分析に係るISO/IEC 17025認定取得について
試験所の技術的能力を評価する国際規格であるISO/IEC17025の認定を
公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)より取得しました。
国内規格では全国第1号の認定となりました。

【対象範囲】
建材中アスベスト(JIS A 1481)
空気中アスベスト(JIS K 3850-1、アスベストモニタリングマニュアル)

詳しくはこちら
ISO/IEC 17025取得支援について
アスベストについて 建材中の含有分析、空気中の繊維数調査を実施します。アスベストを含有する恐れのある製品の調査・コンサルの相談にも対応します。
詳しくはこちら
ダイオキシンについて
ダイオキシンについて 最新鋭の設備と高い技術、確かなシステムでダイオキシン類の調査・評価を行うとともに、低減対策を提案いたします。
詳しくはこちら
放射能分析
試験所の技術的能力を評価する国際規格であるISO/IEC17025を取得しました。
信頼できる分析結果を報告するための国際的な基準に従って、試験を行います。
当社の発行する試験成績書は、技術的に妥当な結果を出す能力に基づいたものとして、相互承認協定 (MRA) のもとで国際的に通用します。

【対象範囲】食品試料、環境試料、廃棄物試料
【項目】放射性セシウム(Cs-134, Cs-137)
詳しくはこちら
微量PCBについて
微量PCBについて 絶縁油が封入された廃電子機器を廃棄する際には、絶縁油にPCBが混入されていないことを確認する必要があります。
詳しくはこちら
オートアナライザーについて
オートアナライザーについて 「気泡分節型連続流れ方式」を原理とする自動化学分析装置。処理能力が高く、多検体処理に適する。
詳しくはこちら
当社の強み
1.全国対応いたします。2.安く検査ができます。3.安心の高品質
  
採用案内
支店紹介
事例紹介